車の選び方

日本でエコカーと言うとハイブリット車が思い浮かびます。その中でもプリウスが最も有名なハイブリット車でしょう。プリウスは世界で最初のハイブリット専用モデルです。

車の選び方
車の選び方

最初のハイブリットモデル

日本でエコカーが流行っています。
エコカーと言うとハイブリット車を思い浮かべる人が多いでしょう。
世界で初めてハイブリット専用車ができたのは1997年と15年以上も前のことです。
プリウスの登場は衝撃的でした。
ガソリン車に比べると驚異的な燃費だったのに初代のプリウスはあまりヒットしていませんでした。
2003年に発売された2代目では4ドアセダンから5ドアハッチバックに変更され、3ナンバーサイズに拡大されました。
この2代目は大ヒットして、ハイブリットモデルの代表車種として認知されるようになりました。
現行モデルは2009年から販売されている3代目になります。
2代目に続いて3代目も売れていて、販売ランキングの上位にずっといます。
また、プラグインハイブリットカーのプリウスPHVがリースされ、少し大型になったプリウスαと派生車種を生みました。
日本でハイブリットモデルが発売された頃は、発進時の低騒音に歩行者に気付いてもらえないといった場面が見られました。
そのため、現在では意図的に歩行者に気付くくらいの騒音を出すようになっています。
また、ハイブリットに用いている電池は車両やエンジンより劣化が早いです。
そのため、ハイブリットシステムの交換をしなければならない時が来ます。
バッテリー交換は10万円以上かかかると言われています。
環境問題に積極的なアメリカではプリウスはかなりの人気です。
ところが、ヨーロッパではエコカーと言うとディーゼルエンジンの方が人気ですからまだ苦戦しているようですが、ヨーロッパでもハイブリットモデルの発売をするようになりました。
プリウスはハイブリットモデルの先駆けとして歴史に名を残した車種です。

車・バイク・機械や車種、このホムペをブックマークしましょう★